御朱印巡り

近年増えつつある御朱印巡りの旅でマナー違反!!

御朱印をいただくことで神様や仏様とご縁をいただけるありがたい証だと思い数年前から御朱印巡りの旅をするようになってきました。

御朱印の魅力は和紙に手書きで書かれた墨文字と押印された朱印が美しい芸術のようです。

また手書きの御朱印は同じものがないのも魅力の一つです。旅は景色や郷土料理で十分楽しめますが寺院巡りの楽しみに御朱印があると単なる旅の楽しみだけではなくて達成感も味わうことができます。

ご朱印のそもそものルーツは、平安時代に始まったとされています。その代表例が「西国三十三所観音巡礼」などにあります。それぞれのお寺で写経を納めた証拠として授与されたのが、『ご朱印』だったと言われています。

東京十社巡り

伊勢神宮で御朱印がいただける全7社なども人気ですが、今では東京でも御朱印はもらえるんです。
昭和天皇様のご即位50年を奉祝してはじまった東京十社巡りは、東京の神社を巡ります。
この東京十社巡りは例えば次のような神社を巡ります。
「王子神社」
「根津神社」
「白山神社」
「神田神社」
「日枝神社」
「氷川神社」
「亀戸天神社」
「富岡八幡宮」
「芝大神宮」
「品川神社」 

御朱印はアート!?

ひと昔前までは御朱印は参拝者が写経をおさめた後でいただける貴重なものだったので限られた神社たお寺でしかいただけないものでした。

また御本尊名や社名などを墨書きで書かれたものが多かったものが最近では絵柄や色を使った可愛い御朱印やアートのような魅力満載のものが多くなってきました。最近では個性的な御朱印や人気のあるお寺や神社では御朱印目的で社務所では長い行列ができています。

特に近年御朱印集めが若い女性の間では人気になっているようです。中にはゲームに出てくるアニメとコラボしている神社もありスタンプラリーのような感覚で御朱印を集める学生の姿も見かけるようになってきました。

これを機に若者が御朱印集めをきっかけに寺院仏閣に関心を寄せてくるのも期待できそうです。

御朱印巡りのマナー違反

しかし中にはマナー違反ではないだろうかと思われる光景を目にする時があります。

例えば、御朱印をスタンプラリーのように参拝もせずにいきなり社務所に駆け込む集団や一人で何冊も抱えて御朱印をもらっている観光客の姿をみることがあります。ほとんどのお寺や神社では一人で御朱印をかかれている所が多いようです。

 

そのため最近では一人では対応しきれずに印刷された御朱印を渡されるお寺も出てきました。

御朱印は単なるスタンプだと思っているのでしょうか?

御朱印はあくまでも神社で参拝した証としていただくものだと思ってもらえたらいいですね・・・

また御朱印代は1枚300円~500円が多いので事前に小銭を準備していると助かるようです。