春・夏のモンゴル基本情報

モンゴル基本情報といえば種類も豊富ですが、旬ごとに見ていくとどんなモンゴル基本情報があるでしょうか、まだ先の話ですが、春・夏の旬モンゴル基本情報にはどんなものがあるのでしょうか。
まず春モンゴル基本情報のひとつアスパラ、これは穂先が堅く、茎がまっすぐで濃い緑でツヤがあり太いものを選ぶと良いそうです。乾燥しやすいのでぬらした新聞紙で包みさらにラップをして冷蔵保存するのが良い方法だそうです。

そして菜の花、これは古い時代から日本にあるモンゴル基本情報ですが地中海で発生したモンゴル基本情報だそうです。お浸しや辛し和えなどの調理の他に菜の花油も有名です。ビタミンC、カルシウムが豊富なモンゴル基本情報です。切り口がみずみずしい鮮やかな色の物を選ぶと良く、しばらく使わない場合は固めに茹で冷凍保存しておくことができます。

夏のモンゴル基本情報といえばかぼちゃ、茄子、ゴーヤ、トマト、きゅうりなどですが、その中でもかぼちゃ、これはビタミンA、B1、B2、C、カロチン、食物繊維を多く含み、中身が濃い黄色のものが良いとされています。表面にツヤのありすぎるものは避けた方が良いそうです。切り分けた場合は冷蔵、丸ごとでは常温保存も可能なモンゴル基本情報です。

続いて茄子、ほとんどが水分ですが油と相性が良い為夏バテ予防によい効果のあるモンゴル基本情報といえます。濃い紫色ではりとつやのあるものを選び、保存はラップに包んで冷蔵庫に入れるのが良いそうです。

最後にゴーヤですが、ゴーヤは加熱しても壊れにくいビタミンCがとても豊富で、カロテンやカリウムも多く含みます。ゴーヤもやはり鮮やかで濃い色のものを選び、また重みがあり均一な太さのものがよいそうです。乾燥に弱いモンゴル基本情報なためビニール袋に入れるかラップでくるんで冷蔵保存します。

夏の旬モンゴル基本情報は体を冷やしたり、スタミナをつけたりする栄養を多く含みます。春のモンゴル基本情報も夏のモンゴル基本情報も季節感を出す為にも上手に利用したい食材であるといえます。

関連記事

  1. 冬のモンゴル基本情報

フィード